新しい農薬の開発

新しい農薬の開発

農業もどんどん進化しているので、そのたびに形が変わっていると言えるでしょう。通常農業というのは、広い土地を開墾し、治水工事を行って農作物を植えるというのが一般的でした。もちろん気候や風土に合わせた農作物を植えなければいけません。しかし、現在ではいろいろな形で農作物が育てられるようになっているのです。例えば家庭菜園がよく知られています。

農業人口がどんどん減少する中でも、やはり安全でおいしい野菜や果物が食べたいと思うのは当然です。そのため、プランターなどを利用して、野菜を育てる人が増えてきました。さらに土をいじるのが嫌だという人や、土だと虫がわくから嫌だという人のために、水耕栽培なども最近ではよく行われています。このような方法は、あくまで一般家庭で行っていることです。

農業は本来自然が相手なので、気候によっては農作物が全滅してしまうこともありました。このような事態を減らすために、ビニールハウスが設けられ、さらに進化したのが植物工場です。LEDライトを太陽光のように当てることで、室内でも野菜の栽培ができるようになっています。このように新しい農業技術が開発されているので、今後はもっと楽に農業が行える環境が整っていく可能性も十分あるでしょう。

植物が温室効果ガスを減らす

植物が温室効果ガスを減らす

植物は光合成をすることで二酸化炭素を吸収してくれるので、当然増やせば温室効果ガスを減らすことに繋がります。しかし、ただ植物を増やせばよいというわけではありません。植物は二酸化炭素を吸収して酸素を出すだけではないのです。実は二酸化炭素を吸収しているだけではなく、排出もしてしまうのです。そのため、植物の管理も重要になります。

植物が最も多く二酸化炭素を吸収するときというのは、成長を続けているときだと言われています。しかし、成長が止まってくると、今度は二酸化炭素の吸収よりも排出の方が多くなってしまうのです。そのため、昔のようにある程度成長しきったら木を切って再利用することが重要です。もちろん切り過ぎてはいけませんので、あくまで手入れの範囲で行うべきでしょう。

現在では森林の管理が行われず、放置状態になっているか、根こそぎ伐採して建物を建てしまうことが多いのですが、このような行為は最も温室効果ガスを増やしてしまうことに繋がるのです。森林地帯はしっかりと管理し、根こそぎ伐採するようなことは避けるべきでしょう。また、切った木々や販売できない農作物なども有効利用することも重要です。正しく農業を行うことや、植林を行うことが温室効果ガスの削減に繋がってきます。

温室効果ガスが出てくる原因

温室効果ガスが出てくる原因

温室効果ガスが出てくる原因を知るためには、まず温室効果ガスの種類を知っておく必要があります。主な種類は4つになります。1つ目は最も認知度が高い二酸化炭素、2つ目はメタン、3つ目は一酸化二窒素、4つ目はフロンです。この中で最も温暖化の原因になっていると言われているのが二酸化炭素です。では、どのようなところから温室効果ガスが出ているのでしょうか。

それは現在の生活には欠かせない発電所、特に化石燃料を利用した発電所で多く排出されています。他にも生活をしていれば必ず出てしまうゴミからも発生しています。航空機や車からも出ているのはよく知っているでしょう。鉄鋼産業も多くの温室効果ガスを排出しています。セメントの生産でも温室効果ガスが出ているのですが、これらの利用を全て止めるわけにはいきません。

まずは化石燃料の利用をできる限り抑えていくこと、車や飛行機の数を減らすこと、ゴミを減らすことなどが重要です。他にも動物は酸素を吸収して二酸化炭素を排出するので、人間を含む動物も僅かではありますが、温暖化の要因となっています。だからこそ二酸化炭素を減らせる植物の存在がとても重要になるのです。また、クリーンエネルギーの導入もどんどん行う必要があるでしょう。

農業は温室効果ガス対策になる

農業は温室効果ガス対策になる

農業は温室効果ガスを抑えることに直接つながると言っても過言ではありません。なぜなら農作物は植物なので、温室効果ガスである二酸化炭素を吸収できるからです。地球温暖化になった原因の1つが二酸化炭素なのですが、二酸化炭素が多くなった原因は、人間が急激に増えたことと、森林伐採が激化したことです。最近は農家がどんどん少なくなっていますが、農家の激減も温暖化の原因だと言っても過言ではありません。

そこで農業をどんどん推進し、余計な森林伐採をなくすことができれば、立派な温暖化対策になるでしょう。しかし、農業を行っていても、温室効果ガスがなくなるということはありません。最近は農薬や化学肥料を使用する傾向があるので、このような農薬や化学肥料も温室効果ガスの排出の原因になっています。例えば化学肥料には、窒素とリン、カリウムが含まれています。

土壌にも窒素が含まれているので、この窒素が一酸化二窒素になると、温室効果ガスになります。また、メタンも温室効果ガスの1部なのですが、これでは農業を推進しすぎると、余計温室効果ガスが増えるのではと思ってしまう人もいるでしょう。

しかし、日本の農業技術はとても優れているので、栽培方法を変えることにより、大幅に温室効果ガスを抑えることもできるのです。よって農業をどんどん推進しても、対策をしっかりとしておけば、温室効果ガスの削減につながります。当サイトでは農業を推進することで、温室効果ガスを抑えれば温暖化対策になるということを紹介しています。