農業は温室効果ガス対策になる

農業は温室効果ガス対策になる

農業は温室効果ガスを抑えることに直接つながると言っても過言ではありません。なぜなら農作物は植物なので、温室効果ガスである二酸化炭素を吸収できるからです。地球温暖化になった原因の1つが二酸化炭素なのですが、二酸化炭素が多くなった原因は、人間が急激に増えたことと、森林伐採が激化したことです。最近は農家がどんどん少なくなっていますが、農家の激減も温暖化の原因だと言っても過言ではありません。

そこで農業をどんどん推進し、余計な森林伐採をなくすことができれば、立派な温暖化対策になるでしょう。しかし、農業を行っていても、温室効果ガスがなくなるということはありません。最近は農薬や化学肥料を使用する傾向があるので、このような農薬や化学肥料も温室効果ガスの排出の原因になっています。例えば化学肥料には、窒素とリン、カリウムが含まれています。

土壌にも窒素が含まれているので、この窒素が一酸化二窒素になると、温室効果ガスになります。また、メタンも温室効果ガスの1部なのですが、これでは農業を推進しすぎると、余計温室効果ガスが増えるのではと思ってしまう人もいるでしょう。

しかし、日本の農業技術はとても優れているので、栽培方法を変えることにより、大幅に温室効果ガスを抑えることもできるのです。よって農業をどんどん推進しても、対策をしっかりとしておけば、温室効果ガスの削減につながります。当サイトでは農業を推進することで、温室効果ガスを抑えれば温暖化対策になるということを紹介しています。


Comments are closed.