温室効果ガスが出てくる原因

温室効果ガスが出てくる原因

温室効果ガスが出てくる原因を知るためには、まず温室効果ガスの種類を知っておく必要があります。主な種類は4つになります。1つ目は最も認知度が高い二酸化炭素、2つ目はメタン、3つ目は一酸化二窒素、4つ目はフロンです。この中で最も温暖化の原因になっていると言われているのが二酸化炭素です。では、どのようなところから温室効果ガスが出ているのでしょうか。

それは現在の生活には欠かせない発電所、特に化石燃料を利用した発電所で多く排出されています。他にも生活をしていれば必ず出てしまうゴミからも発生しています。航空機や車からも出ているのはよく知っているでしょう。鉄鋼産業も多くの温室効果ガスを排出しています。セメントの生産でも温室効果ガスが出ているのですが、これらの利用を全て止めるわけにはいきません。

まずは化石燃料の利用をできる限り抑えていくこと、車や飛行機の数を減らすこと、ゴミを減らすことなどが重要です。他にも動物は酸素を吸収して二酸化炭素を排出するので、人間を含む動物も僅かではありますが、温暖化の要因となっています。だからこそ二酸化炭素を減らせる植物の存在がとても重要になるのです。また、クリーンエネルギーの導入もどんどん行う必要があるでしょう。


Comments are closed.